2014年12月19日金曜日

厳しい房総特急たち 2015年春のダイヤ改正




2015年春のダイヤ改正が発表されましたが、前々から予想されてた通りに房総特急の大幅見直しが行われました。

千葉駅を発車するE257系特急しおさい
今回見直しが行われた特急「しおさい」
以前から千葉方面の特急は減少傾向にありましたが、今回のダイヤ改正で以下のようになります。

「わかしお」-データイム上下2本削減と一部列車の運転区間見直し
「さざなみ」-朝夕の上下4本運転見合わせ、全ての列車を東京~君津間に変更
「しおさい」-データイムなど上下3本削減
「あやめ」-定期列車運転取りやめ

内容としては上のように全ての特急で減便と、かなり厳しい状況となっています。房総特急の状況についてあまり詳しくないので木更津~東京・銚子~東京間を例に調べてみました。

東京~木更津

「さざなみ」-約55分で自由席で2250円
「普通列車」-約1時間15分で1350円(ICカードで1317円)
「高速バス」-約1時間で1350円

上のような感じでアクアラインの影響力は凄いです。東京湾をショートカットする高速バスと鉄道が同じ所要時刻という点ではかなり健闘していると思いますが、高速バスが普通列車とほぼ同額で1000円も値段が安く、本数も多いというのでは歯が立たないと思います。

東京~銚子

「しおさい」-約2時間で自由席3600円
「普通列車」-約2時間30~3時間で2270円
「高速バス」-約2時間30から(経由により時刻にバラつきあり)で2550円

東京~銚子に関しては時刻で普通列車も健闘しているます。特急と高速バスとの比較の場合、運転本数で高速バスのほうが便利です。JRとしては乗客数的に増発が出来ないのに対し、小回りの効くバス会社は本数を多く設定している状況です。。

近年鉄道と高速バスの競争はどんどん激しくなっています。房総方面は特に高速バスが攻勢をかけていますが、今回のダイヤ改正で改めて厳しい状況だと痛感しました。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

鉄道技術展2017に行ってきた「広がる無線無線信号システム・ディーゼルエレクトリックの波」編

前回の 「山手線の新技術・足元を支える台車技術」編 引き続き鉄道技術展2017について、テーマ別に紹介していきます。今回は「広がる無線無線信号システム・ディーゼルエレクトリックの波」編です 広がる無線無線信号システム 首都圏発の無線信号システム運用中のJR埼京線 ...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
東武ファンフェスタで運行された臨時リバティです。変わった経路での運行でした。