2015年1月14日水曜日

北陸新幹線延伸で消える車両・消えない車両




北陸新幹線延伸まで約2ヶ月となりましたが、各三セク会社やJR各社からの資料もだいぶ公開されました。それを元に三セク化される信越本線「長野~直江津」間・北陸本線「直江津~金沢」間から消える車両・消えない車両の予想をしたいと思います。

北陸本線直江津駅停車中の681系と475系
ダイヤ改正で見られなくなると思われる
681系と475系の並び

消える車両

・JR西日本475系
・JR東日本183系
・JR東日本189系

475系は各三セク会社の資料に引き続き運用する記述は見られなかった三セクへの譲渡はないようです。JR西日本としても引退を予定していて、引退後臨時用で残すかなどは未定のようです。

189系・183系は現在使用されている「妙高」号が廃止になり、三セク会社の資料にも譲渡される予定は無かったので直江津~長野間からは撤退と予想されます。

部分的に消える車両

・JR西日本681系 津幡~直江津
・JR西日本683系 津幡~直江津
・JR西日本413系 泊~直江津
・JR東日本485系 金沢~糸魚川
・JR東日本115系 妙高高原~新井

681系と683系は特急「はくたか」の廃止と「サンダーバード」「しらさぎ」の運用縮小で、津幡~直江津間から撤退となります。

413系はデッドセクションや利用者数の関係で泊~直江津間が気道車での運転となるので、同区間から撤退となります。

485系は特急「北越」・快速「くびき野」が廃止されるため金沢~糸魚川間・直江津~新井間からは撤退となります。

115系はえちごトキめき鉄道の信越線区間の主力がE127系となるため、妙高高原~新井間から撤退します。

消えない車両


富山駅停車中の413系
朝夕のラッシュ時を中心に活躍を続ける予定の413系

・あいの風とやま鉄道/IRいしかわ鉄道 521系
・あいの風とやま鉄道413系
・JR西日本681系
・JR西日本683系
・JR東日本/しなの鉄道115系
・JR東日本485系

521系はJR西日本からの譲渡と新製車両により北陸線三セク区間の主力となります。
運用としては泊~金沢間で運用されます。

413系はあいの風とやま鉄道へ一部譲渡されます。古い車両のため朝夕のラッシュ時を中心とした限定的な運用になりますが、泊~金沢間で運用されると予想されます。

681・683系は一往復残る和倉温泉直通の「サンダバード」と新設される特急「能登かがり火」で使用されるため、七尾線乗り入れ列車として金沢~津幡間では運転されます。

115系はしなの鉄道の主力であるため長野~妙高高原間では引き続き運転されます。
また、JRからえちごトキめき鉄道に乗り入れる快速に115系が使用されるため、直江津~新井間でも限定的に使用されます。

485系は「北越」・「くびき野」廃止で大きく運用区間が縮小されるものの、新たに1往復新設される新潟~糸井川間の快速列車に使用されるため限定的に運用されます。臨時列車として新潟方面から妙高高原駅までは485系ジョイフルトレインの「NO.DO.KA」の乗り入れも予定しています。

新たに走り出す車両

常磐線上野駅に停車中E653系
常磐線で使われていたE653系が特急「しらゆき」で使われる

・えちごトキめき鉄道ET127系
・えちごトキめき鉄道ET122系
・JR東日本E653系

えちごトキめき鉄道の妙高高原~直江津間は115系が主力として運用されていましたが、三セク移管に際しJR東日本からの譲渡車であるE127系改めET127系が主力となります。

直江津~泊間はデッドセクションと乗客数の関係で気道車化することになり、JR西日本キハ122系ベースのET122系が導入さることになりました。

E653系は新潟方面からのアクセス特急として新設される特急「しらゆき」で新潟~新井間で運行されます。

スポンサーリンク


0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

117系改造車 格安長距離列車へ投入

2017年6月20日にJR西日本は117系をベースとしたリーズブナルな値段から乗車できる夜行列車を、2020年夏ごろまでに「京阪神~山陰・山陽」間での運行を目指すと発表しました。 まさかの国鉄型長距離列車の復活へ ベースとなる117系 JR西日本は117系を改造...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。