2015年9月27日日曜日

さよなら信号機 東武東上線ATC使用開始




2015年1月31日に東武鉄道東上線は東武型ATSから東武型デジタルATC(以下T-DATC)へ信号を切り替えを開始しました。
記事作成日: 2015.01.31/最終更新日: 2015.09.26


東武東上線を走る30000系電車
信号の消えた線路を走る東武30000系

T-DATC切り替えの効果概要

東武東上線若葉駅の信号機
T-DATC化で車内に直接信号を送るため
信号機が不要になり電灯が消えている

先日の1月24日にのダイヤ改正はT-DATC化の準備の一つとして行われました。T-DATC化は地上の信号をなくし、直接車内へ信号のデータを送ることが出来より安全になります。これにより視界の悪いときも安全に情報が伝達できるようになるほか、デジタル式ならではの精密な制御が行うことが出来るほか、カーブ時の速度や踏切の遮断時間なども適正化できるはずです。

今回の切り替えで小川町~川越市間が東武鉄道ではじめてのT-DATCになりました。

※1月24日のダイヤ改正の記事
東武東上線・越生線 2015.1.24にダイヤ改正実施

切り替え初日の様子

東武東上線若葉駅を発車する9000系電車
T-DATC切り替え数日前の若葉駅

東武東上線を走る10000系電車
切り替え初日の若葉駅
信号が消えている

私が列車に乗ったときは列車の遅れなどもなく信号の電灯が消え無事切り替えが完了していました。前日に雪が降りましたが、晴天になり全て溶けて問題なかったようです。

東武鉄道50090系の運転台
T-DATC使用時の運転台
東武50090系より

運転席からはATCのベルが鳴る音が聞こえるようになりました。腕章をつけて運転席に添乗する東武社員の方も居て、ATCの様子などをチェックしているようでした。

写真を拡大してもらうと「TASC」の文字があるのが分かると思いますが、これは「定位置停止装置」といって自動的に列車をホームの定位置に止める装置です。ホームドアが付いていていたり、ホームが短い駅が多いなど常に正確な位置を求められる路線に装備されていることの多い装置です。川越駅や和光市駅はホームドアの設置が決まっていますが、それを見据えてのことだと思います。

6月13日から「川越市~和光市」駅間もATC化

東武東上線朝霞台駅構内にある信号機
点灯していない朝霞台駅の信号機

1月31日の切り替えでは東武鉄道から事前にプレスリリースによる発表がありましたが、今回は事前・事後に発表もなく切り替えが行われました。今回も大きな混乱はありませんでした。

公式発表がないため東上線について扱っているブログや動画サイトを見てみたところ、6月13日始発より「川越市~和光市」駅間で切り替えが行われたようです。最近になって東横線を走る東急車にKマークのステッカーが貼られたのは、T-DATC非搭載の東急車が誤って和光市以北へ乗り入れないようにするための措置のようです。

9月26日より「和光市~池袋」間も切り替え完了

2015年9月26日に「和光市~池袋」間もT-DATCへの切り替えが完了しました。これにより予定されていた「小川町~池袋」間の切り替えは全て完了となりました。

ホームドア稼動に向けた「TASC」の試験も9月5日に行われたそうなので、こちらも着々と準備が進んでいるようです。

スポンサーリンク


0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

東武ファンフェスタ2017とファンフェスタ号をリポート!

2017年11月19日に東武鉄道の南栗橋管理区で実施された東武ファンフェスタ2017と、それに合わせて運行された臨時特急について紹介します。 今年も実施東武ファンフェスタ2017 東武ファンフェスタ撮影会で展示された車両たち 右から 500系・100系・200系・1...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。