2015年2月5日木曜日

285km/h一足早く 東海道新幹線先行体験きっぷ販売へ




2015年2月4日にJR東海は東海道新幹線「時速285km先行体験列車用きっぷ」を発売すると発表しました。

東京駅を発車するN700系

列車概要

運転日: 2015年2月25日
列車名: 時速285km先行体験列車
使用車両: N700A
運転時刻: 東京12:23→名古屋14:02着・14:06発→新大阪14:53着
発売枚数: 650人

2015年春のダイヤ改正で東海道新幹線は最高時速を270km/hから285km/hへ引き上げます。この速度はアップは1992年の300系「のぞみ」の最高時速アップ以来で、23年ぶりとなります。1992年以降もスピードアップが行われてきましたが、車両の加速・減速性能向上などの最高時速以外の部分で実現していました。

今回はその速度アップに先立ち先行体験列車の運転を行うことになりました。この列車の運転時には車内放送で285km/hの到達のアナウンスや乗車証明書の配布、ホームの発車票で「団体285」なども行われます。東海道・山陽新幹線を走るN700系の定員は1323名なので、応募は定員の半分程度となります。また、報道関係者も同乗するようです。

きっぷの買い方

インターネット上で公開されている申し込み用紙に必要事項を記入し、返信封筒を同封のうえに2月15日必着で郵送します。

返信封筒で当落の結果が送られてくるので、当選の場合はJR東海の窓口で支払いを行います。
運賃は運賃+新幹線指定席券と同じぐらいの料金で設定されています。

詳細や申し込み用紙が欲しい方はJR東海の「東海道新幹線「時速285km先行体験列車用きっぷ」の発売について」から見ることが出来ます。


試乗会と言えば新幹線の場合開業前に無償で抽選というのが多いのですが、それ以外を見渡すと有料というのは多くなってきましたね。鉄道会社の気持ちも分かりますが、天下のJR東海が東海道新幹線の速度アップの試乗会でやるのはちょっとセコい気もします・・・

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。