2015年2月12日木曜日

東武鉄道 北陸新幹線延伸に合わせスカイツリー行き臨時列車運転




2015年2月12日に東武鉄道は北陸新幹線の開業に合わせて3月14日より5日間限定で予約不要の大宮発浅草行きの臨時列車を運転すると発表しました。

東武鉄道6050系
今回の臨時列車で使用される6050系

臨時列車概要

北陸新幹線延伸 大宮発浅草行き臨時列車概要
北陸新幹線延伸 大宮発浅草行き臨時列車概要

この臨時快速は6050系を使い「大宮駅10:23発~野田線~春日部駅~伊勢崎線~浅草駅11:25着」の経路を1時間で結びます。2015年3月14日より計5日間運転で、予約などは不要で通常運賃のみで乗車することができます。

臨時列車を使わずに同じ経路で乗った場合、普通列車のみの場合で1時間15分・特急を使った場合で1時間なので、乗り換え不要なだけでなく時間的にもお得な列車となっています。

北陸新幹線の延伸に合わせて企画された列車ですが、東北・上越新幹線からの乗り継ぎも想定されています。

この列車で使われる6050系は普段は浅草~日光・鬼怒川の快速列車の運用などについています。なので、野田線への入線は珍しいものとなっています。車内は長距離運用に備えたボックスシートでトイレなども付いています。1時間程度の乗車ですが快適に乗車できるのではないかと思います。

野田線でも増える臨時列車

以前の野田線では臨時列車はあまり運行がなかったように思いますが、最近では臨時列車の運行が増えています。最近一番多く運行されているのは6050系を改造した634型を使ったスカイツリートレインです。この列車は「大宮~野田線~春日部~伊勢崎線~浅草」を走る列車です。

名前の通りスカイツリー開業に合わせて東武鉄道が作った観光用列車なのですが、以前では考えられない野田線始発も設定されました。乗客が減る時代というのもあって非定期客が重要な時代になってきているので、東武鉄道も昔よりだいぶ柔軟に臨時列車を走らせるようになってきた印象です。通勤電車ばかりだった野田線でも、今後も面白い列車が走ることを期待できそうです。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

鉄道技術展2017に行ってきた「広がる無線無線信号システム・ディーゼルエレクトリックの波」編

前回の 「山手線の新技術・足元を支える台車技術」編 引き続き鉄道技術展2017について、テーマ別に紹介していきます。今回は「広がる無線無線信号システム・ディーゼルエレクトリックの波」編です 広がる無線無線信号システム 首都圏発の無線信号システム運用中のJR埼京線 ...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
東武ファンフェスタで運行された臨時リバティです。変わった経路での運行でした。