2015年2月2日月曜日

トワイライトエクスプレス本当は13時間立ち往生?




2015年2月1日札幌駅発の寝台特急「トワイライトエクスプレス」が吹雪により12時間半立ち往生しました。


大雪により奥羽本線で立ち往生

列車が立ち往生したのは青森県と秋田の県境近くJR奥羽本線津軽湯の沢駅と陣場駅の間です。積雪により昨日の夜から立ち往生をし、2日の午前11時45分頃運転を再開しました。幸いなことに乗客や乗務員の方は何も無かったようです。

この区間での牽引機はEF81形電気機関車ですが、DE10形ディーゼル機関車が連結しすることで救援されました。電化区間なのでディーゼル機関車がトワイライトエスクスプレスを引っ張ることは、定期列車ではありません。車両設備自体には余裕があるので特に支障は無かったようですが、食料については弁当やおにぎりの配布となったようです。こういった場合は運転打ち切りで途中で降ろされしまうこともあるのですが、今回はそういうこともありませんでした。大雪であることや山間部で代替列車の確保が難しいこと、どっちにせよ大阪へ車両を回送しなければならないなどが、運転打ち切りにならなかった理由だと思います。

一部鉄道ファンの方たちは、本来よりも2倍近い長時間乗れた上に貴重な体験が出来たということで、とても喜んでいたようです。

JR西日本ホームページにある「トワイライトエクスプレス」の通過時刻表を見ると、大館駅は23:06分頃通過します。「トワイライトエクスプレス」の運行速度だと大館駅から津軽湯の沢駅は20分程度かかる見込みなので、本来の通過時刻は22:45分頃の通過だったようです。報道などでは12時間半と記載されていますが、11時45分頃の復旧ならば厳密には最大13時間近く遅延したのではないでしょうか?

2015年1月6日発大阪行きの「トワイライトエクスプレス」は今回より長い16時間の遅延でした。この時期の日本海側は荒れやすく、風に雪と天候により遅延が多く発生します。去年廃止になった一部トワイライトと同じ経路を走る寝台特急「あけぼの」も、同じように何度も遅延が発生していました。今回ほどの遅延はなくとも、大きな遅延がラストランまでにまた起こると思います。その時も遅延に負けずに、最後まで走りきるよう頑張って欲しいものですね。


スポンサーリンク

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。






・解説
東京メトロ13000系から遅れること半年以上、やっと東武70000系の第一編成が到着しました。甲種輸送の様子を動画でまとめました。