2015年3月21日土曜日

東西対決 新快速VS上野東京ライン




新快速と上野東京ラインについて比較してみたいと思います。ちょっと大げさなタイトルをつけましたが、本来鉄道というのは地域の事情などに合わせて運行するので優劣を決めるというのは間違ったことです。なので、今回も肩の力を抜いて読んでいただければ嬉しいです。

最長列車

新快速

敦賀→播州赤穂: 4時間6~8分
種別: 新快速
営業キロ: 275.5km
表定速度: 67.7km/h(最速)
通過駅: 30
停車駅: 41
経由: 北陸本線~東海道線~山陽本線~赤穂線

新快速は「敦賀~京都~大阪~姫路~播州赤穂」と関西を東西に貫く路線です。途中「米原~姫路」間では複々線区間などを生かし多くの駅を通過します。

「敦賀~米原」間が北陸本線、「米原~神戸」間が東海道線、「神戸~相生」間が山陽本線、「相生~播州赤穂」間が赤穂線です。

最長列車に関しては「敦賀→播州赤穂」の片方向の設定しなかなく、土休日2本・平日1本が設定されています。

上野東京ライン

黒磯→熱海: 4時間37分
種別: 普通
営業キロ: 267.9km
評定速度: 58km/h
通過駅: 0
停車駅: 53
経由: 東北本線~東海道線

熱海→黒磯: 4時間46~48分
種別: 普通
営業キロ: 267.9km
評定速度: 56km/h(最速)
通過駅: 0
停車駅: 53
経由: 東海道線~東北本線

上野東京ラインは「黒磯・高崎~大宮~東京~横浜~熱海」と関東を南北に貫く路線です。

「高崎~大宮」間が高崎線、「黒磯~東京」間が東北本線、「東京~熱海」間が東海道線です。

最長列車は「黒磯→熱海」が1本、「熱海~黒磯」が2本設定されています。

二つを比較すると運転距離・評定速度共に新快速が勝利ですね。やはり、途中駅通過無しというのは大きな痛手です。

車両

新快速

東海道線新大阪駅に入線するJR西日本233系
JR西日本233系

・223系シリーズ
基本編成8両+付属編成4両 最大12両
最高速度: 130km/h
起動加速度: 2.5km/h/s
減速度(常用): 4.3kmh/s

・225系
基本編成8両+付属編成4両 最大12両
最高速度: 130km/h
起動加速度: 2.5km/h/s以上
減速度(常用): 4.6kmh/s

223系は登場後長い間生産された車両なので、登場時により細かい違いのある車両です。東海道線用は高速運転に対応すべてく130km/h運転対応で設計されています。

225系は223系の次の世代として登場した車両です。性能としては223系の上位互換と言ってもよいもので、加速もブレーキ力も223系を超えるものとなっています。

車内は223系と225系共に転換クロスシートを基本としロングシートはありません。座れれば居住性の良い車両です。逆に混雑区間では通路が狭くなるので、立って乗る場合には居住性が悪いと私は感じます。

上野東京ライン

湘南新宿ライン浦和駅に到着するJR東日本E231系
JR東日本E231系1000番台

・E231系1000番台
基本編成10両+付属編成5両 最大15両
最高速度: 120km/h
起動加速度: 2.3km/h/s以上
減速度(常用): 4.2kmh/s

・E233系3000番台
基本編成10両+付属編成5両 最大15両
最高速度: 120km/h
起動加速度: 2.3km/h/s以上
減速度(常用): 4.2kmh/s

E231系は2000年から登場した車両です。東海道線での普通グリーン車の運用は長いものでしたが、高崎線・宇都宮線でのグリーン車はE231系登場後に開始されました。車両性能よりコストを意識した車両のため、やや非力な面があるのは否めなせん。

E231系の次の世代として登場したのがE233系です。コストを削って車両性能を落すより車両性能に余裕を持たせて故障に強くするコンセプト変更したので、車両性能としてはE231系より上です。しかし、東海道線・宇都宮線・高崎線ではE231系1000番台と性能をあわせるために性能を抑えて表面上は同じにしています。

車内はE231系とE233系共にロングシートを基本に一部車両をセミクロスシートにしています。また、基本編成には2両の2階建てグリーン車を連結しています。


車両性能は新快速の勝ちですね。車内に関しては手軽に乗り心地の良い座席に座れるという点では新快速ですが、新快速も一部区間はかなり混雑することを考えると手放しでは褒められません。

上野東京ラインはロングシートが基本ですが、国内在来線最長の15であることやお金を払えばグリーン車という選択肢を提供してくれます。そう考えると、車内に関しては五分五分と私は考えます。

あとがき

いかがだったでしょうか?雑な比較ですし「これで優劣を決めるな!」と言われた申し訳ないと言うしかないのですが、なんとなく東西の違いが感じてもらえれば幸いです。

※関連記事
あなたは大丈夫? 上野東京ラインと行き先の関係
初日から混雑 上野東京ライン初ラッシュレポート
利用者少ない品川始発常磐線 上野東京ラインレポート
上野東京ライン 常磐線のジレンマ

1 件のコメント:

人間工学的に優しい椅子 さんのコメント...

敦賀から播州赤穂って4両が播州赤穂→近江今津で残り4両が姫路→敦賀だから実際には一度ホームに降りないといけないところがちょっと・・・

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。