2015年11月27日金曜日

埼玉高速鉄道 愛称募集と消えた旧路線愛称の謎 




埼玉高速鉄道が路線の愛称を募集し新愛称を決定しましたが、実は前にも愛称が存在していました。今回はそのことについて紹介します。
記事作成: 日2015.04.22/記事更新日: 2015.11.27

新路線愛称募集

2015年4月22日に埼玉高速鉄道は路線愛称の募集を発表しました。理由としては沿線のイメージアップや地域の方に親しまれれるようにしたいなどを挙げています。

募集期間は2015年4月30日~2015年5月31日までで、インターネットやはがきでの応募が出来ました。路線名が選ばれた場合には商品なども用意されています。

埼玉スタジアム線に名称決定

2015年11月27日に埼玉高速鉄道は路線愛称を「埼玉スタジアム線(埼スタ線)」に決定したと発表しました。

5月に路線愛称を募集していましたが、集まった愛称案から社内選考で「埼玉スタジアム線(埼スタ線)」「埼玉南北線」「埼スタメトロライン」の三つに絞り、再度Webや駅で投票を行いました。その結果1382票中794票と最も票を集めた「埼玉スタジアム線(埼スタ線)」に決定としました。

埼玉高速鉄道は埼玉県川口市川口元郷駅からさいたま市浦和美園駅14.6kmを走る路線です。埼玉県内の主要な都市中心部は通ることは無く沿線の周辺施設に何があるかと言えば、終点浦和美園駅から1.5kmほど歩いたところにある埼玉スタジアム2002ぐらいしかありません。沿線で最も有名なランドマークから名をとった妥当なネーミングになったと私は感じます。

消えた路線愛称?

実は埼玉高速鉄道には「彩の国スタジアム線」という通称が存在しているとWikipedeiaには記載されています。しかし、実際にはほとんど使われていません。

埼玉高速鉄道のホームページでサイト内検索を行っても一つもヒットしません。そこで、ネット全体から調べてるみると、2002年の川口市の広報や東京都建設局などの公的機関での使用はあったので、存在しなかったわけではないようです。しかし、それ以上は残念ながら分かりませんでした。分かりやすい通称だったので、もっと推されていても良かったのと思うのですが、なぜ使われないことになったかは非常に気になります。

最近はへんてこな路線愛称も増えていますが、「彩の国スタジアム線」はストレートで分かりやすい通称だった思います。路線名募集などせずに愛称としてそのまま使っても良かったと思うのですが、皆さんはどう思われるでしょうか?

スポンサーリンク


3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

芝山鉄道に路線記号を取られて、ナンバリングができないから愛称募集となったのでは?と詮索してみる。

匿名 さんのコメント...

埼玉メトロ南北線の方が皮肉が効いてて個人的には好き

匿名 さんのコメント...

まさかナンバリングをSRで重複させるとは

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。