2015年4月28日火曜日

相鉄5月31日にダイヤ改正 変ったところを解説




2015年4月27日に相模鉄道は2015年5月31日にダイヤ改正を行うと発表しました。今回はダイヤ改正の内容について解説します。

特急運転時間拡大

平日のラッシュ前後と9時台、土休日の7時~9時台と17時~19時台に特急列車が設定されます。

海老名駅を基準とした時に始発から9時台までは急行しか走っていませんが、ラッシュの前後に海老名「6:16」「6:36」「8:11」「8:31」発の計4本の特急が設定されます。

平日の日中は10時~15時台に特急が運行されていますが、運行時間が一時間拡大して9時~15時台の運行になります。

土休日は海老名駅基準で10時~16時台に特急が運行されいますが、こちらも時間を拡大して7時~19時台の運行となります。

平日・土休日の日中の種別見直し

海老名~横浜間

特急2本→2本
急行0本→3本
快速4本→1本
各停2本→2本

快速の運行本数が見直され、快速が3本減る代わりに急行が3本新たに運行されます。

湘南台~横浜間

特急2本→1本
快速0本→2本
各停2本→4本

日中に快速が2本新設されます。その代わりに特急が1本減便されます。また、「湘南台~二俣川」間のみの運行だった各停が横浜まで延長され、「湘南台~横浜」間の各停は4本の運行となります。

平日朝ラッシュの大和駅上り始発の変更

急行4本→急行2本・各停4本

朝6時台と8時台に2本づつ設定されていた急行が1本づつに減便されます。二俣川始発の各停の運行区間が延長され、大和始発に変更されます。

その他変更

・上り 「かしわ台」と「いずみ野」発始発電車の運転時刻1分繰り上げ
・横浜駅「7:30~8:15」着の各停全てが10両編成化
・平日朝ラッシュの各停と急行の運転間隔の5分間隔化

上り 「かしわ台」と「いずみ野」発始発電車の運転時刻が始発から終点まで1分ほど早くなります。

平日朝ラッシュの各停と急行が5分間隔での運転となります。また、星川駅での2本連続退避もなくなります。

新しいダイヤについては相鉄ホームページで公開予定のほか、5月以降に各駅で冊子時刻表やポケット時刻表が配布の予定です。


あとがき

相鉄についてはあまり詳しくないので間違いが無いよう調べながら書きましたが、何かご指摘がありましたら気軽にコメント欄へお願いします。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

JR東日本 夏の臨時を勝手にピックアップ2017

2017年5月19日にJR東日本が夏の臨時列車を発表したので、私が気になった列車をピックアップして紹介します。 ムーンライト信州 夏の定番ムーンライト 快速ムーンライトながら 使用車両: 185系 東京発23:10→大垣着5:50 7/22~8/20...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。