2015年6月2日火曜日

富士急ペットと一緒に乗れるフリー切符発売




2015年6月1日に富士急はペットと一緒に使えるフリー切符を「一緒におでかけフリーきっぷ」を、同日から発売する発表しました。

切符について

発売・利用期間: 2015年6月1日~
利用可能区間: 富士急線全線
有効日数: 2日
発売額: 2280円
発売駅: 大月駅、富士山駅、河口湖駅

発売期間は2015年6月1日からで終了は未定で、利用可能期間は通年となっています。有効日数は2日間で2280円となっているので、富士急線全線にあたる「大月~河口湖」の運賃が1140円なので、1往復すれば人間分だけで元がとれます。特急に乗る場合は別途特急券を買えば乗車することもできます。

富士急に限らずペットと一緒に鉄道に乗る場合は、ケージ(容器)に入れて手荷物料金を払うのが一般的です。この切符は1ケージ分の乗り放題券が含まれています。なので、ケージが2つになる場合は、2つ目以降から手回り品切符280円がかかります。

ペットを入れるケージの注意として、手足や首が出るものは不可です。また、「ペット(小動物)」と記載されているので、ペットの種類の問題ではなく大きさで乗車可能か分かれるようです。なので、中型犬以上のサイズなど、やや大きめなペットとの乗車を考える場合は問い合わをせしたほうが良いと思います。

ペットと一緒に出かけるとなると一緒に散歩出来るようなペットの利用が一般となると思うのですが、ペットを出した後もケージを持って歩くとなると邪魔だと思います。有人駅ではそういったケージの預かりサービスもあれば便利な気がします。また、事前購入できないのも残念な点だと思います。富士急はJR東日本からの直通列車も運行しているので、この切符を利用する場合はJRからそのままというのは難しいです。青い森鉄道ではコンビニで乗車券が発券できるので、そういったサービスがあればより一層便利になると思います。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

東武鉄道20000系4両・ワンマン化へ

2017年6月23日に東武鉄道より発表された有価証券報告書により、20000系列がワンマン4両化されることがほぼ確定したので、解説・分析・予想していきたいと思います。 日比谷線より引退する20000系 日比谷線内を走る20050系 東武鉄道20000系列は199...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。