2015年7月31日金曜日

日立 英国向けハイブリッド高速車AT-300受注




2015年7月30日に日立レールヨーロッパは英国の鉄道路線向けとして、高速車両の受注を発表したと発表しました。

受注は英国南西部向け

今回受注したのはイギリス・スコットランドに本社を持つファーストグループ社(FirstGroup plc)の子会社、ファースト・グレート・ウェスタン社(First Great Western Limited)が運営するイギリス南西部路線向け車両です。今回は40年前に作られた高速車両の置き換え用としての導入ですが、対象はディーゼル駆動の高速車両Class43のようです。運行は2018年の予定です。

ファーストグループ社はイギリス国内外でバスや鉄道の運営を行う会社で、イギリスでは鉄道とバス事業を行っています。2015年3月23日に日立は同社から優先交渉権を獲得したと発表していたので、予定通り受注を獲得したことになります。

ジャベリンとClass800/801の進化系AT-300

導入数: 7両×5編成+5両×22編成=173両(29編成)

今回受注を獲得したのは標準型都市間車両「AT-300」です。日本で走る「A-train」の技術をベースに設計された英仏間向け高速車両Class395通称ジャベリンを改良したClass800を、さらに改良した車両です。

車両の特徴としては高速車両であるほかに、Class800と同じように電化区間と非電化区間を走れることです。電化区間では架線から電気を受電し、非電化区間ではディーゼル発電機からの電力でモーターを動かし走行します。このシステムはJR東日本が運行を予定しているクルージングトレイン「四季島」と似たものとなっています。

Class800との違いは急勾配に対応するためエンジン出力を強化したこと、非電化区間での走行距離を伸ばすために燃料タンクが大型のものになってる点です。

Class800仕様

電源: AC25kV/ディーゼルエンジン
最高速度: 201km/h
設計最高速度: 225km/h
主電動機: 226kW
台車: ボルスタレス台車

細かい仕様などは発表されていないので不明ですが、基本的にはClass800に準じたものになると思います。「AT-300」は営業最高速度225km/h・オプションで250km/hまで出せるように設計されている車両ですが、Class800や置き換え対象と思われるClass43の営業最高速度が200km/hなので、同じ200km/hになるのではないかと思います。

主電動機は出力300kwが標準の新幹線に比べると、Class800はJR223系と同じぐらいの226kwと小さめです。今回導入される線区では急勾配がので、エンジンや燃料タンクのほかにも若干の主電動機の強化やM車比向上があるかもしれません。

※関連記事
日立 英国向けハイブリッド高速車両を出荷開始
日立がイギリスで走らせるAT-200とは

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

東武ファンフェスタ2017とファンフェスタ号をリポート!

2017年11月19日に東武鉄道の南栗橋管理区で実施された東武ファンフェスタ2017と、それに合わせて運行された臨時特急について紹介します。 今年も実施東武ファンフェスタ2017 東武ファンフェスタ撮影会で展示された車両たち 右から 500系・100系・200系・1...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。