2015年7月13日月曜日

東上線全通90周年とスタンプラリー実施




2015年7月13日に東武鉄道は東上線全通を記念して7月20日より「東武東上線全線開通90周年記念 ヘッドマークスタンプラリー」の実施と、「東上線1日フリー乗車券」の発売を発表しました。

東上線川越駅に到着する東武30000系
東上線川越駅へ到着する東武30000系

6個スタンプを集めるとカードをゲット

名称: 東武東上線全線開通90周年記念 ヘッドマークスタンプラリー
開催期間: 2015年7月20日~8月31日
台紙配布場所: 寄居・越生駅を除く各駅か、東武鉄道HPより印刷
スタンプ設置駅: 池袋駅南口、川越駅、小川町駅、鉢形駅、武州長瀬駅
スタンプ設置時間: 09:00~17:00
プレゼント: 「とうぶせん電車シリーズ」スーパーレアカード3種類からランダムに1枚
交換場所: 池袋駅か川越駅の定期券・回数券売り場

実施期間から分かるように、夏休みにあわせた子供向けのイベントです。参加費などはとくに必要なく、専用台紙にスタンプ6種類を集めるとカードが貰えるイベントです。Wチャンス賞として、スタンプを集めて応募すると「とうぶせん電車シリーズ」全15種類と特性豪華ケースが100名に当たります。注意する点はポケモンスタンプラリーと同じで交換場所と交換時間に制限があることぐらいだと思います。

去年100周年だったじゃないか?と思う方もいらっしゃると思います。去年は東上線開通100周年で全通ではありません。1914年5月1日に東武東上線の前身にあたる東上鉄道が「池袋駅~田面沢」駅間33.5kmを営業開始したのを祝したのが去年の100周年で、1925年7月10日に「小川町~寄居」駅間を開通で全通したのを祝したのが今回のイベントということになります。

今度はそれなのに何故「寄居駅」が抜けているんだ?と疑問が浮かぶかもしれませんが、寄居駅は所有こそJR・東武・秩父鉄道の三社ですが、管理は秩父鉄道が行っています。それが理由で外されたのだと思います。そこは上手く調整して欲しかったものです。

スタンプラリーに合わせてフリー切符発売

名称: 東上線1日フリー乗車券
価格: 大人1770円、子供630円
発売期間: 2015年7月20日~8月31日
有効区間: 東上線・越生線全線
発売場所: 寄居駅・越生駅を除く東上線・越生線各駅
有効期間: 乗り降り無制限で発売日当日のみ
備考: 「東上線オリジナルカードケース」プレゼント

スタンプラリーに合わせて発売される1日フリー乗車券です。「池袋~寄居」間の運賃が大人890円(ICカードは885円)なので一往復するとだいたい元がとれる切符です。なので東上線・越生線の撮影や完乗を考えてる鉄道ファンの方にも良いかもしれません。

ちなみに池袋駅をスタート地点としてスタンプを押すのに一駅で15分かかると想定したとき、どれくらいの時間で回れるか大雑把に計算してみました。池袋9:25発→川越駅9:56着/10:12発→坂戸10:24着/10:33発→武州長瀬10:49着/11:11発→坂戸11:27/11:44→小川町12:09着/12:12発→鉢形12:24着/12:38発→小川町12:49着といった感じになりました。これなら半日もあれば十分回ることは出来そうです。

もっとも1日で回りきらないといけないという制限はないようなので、通勤で使う池袋駅はそのついでに済ましてしまって、残った駅をお子さんと回るみたいなのも良いのではとも思います。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。