2015年9月26日土曜日

あすなろう鉄道 新造・リニューアル編成運行開始




2015年9月27日よりあすなろう鉄道で新造・リニューアル編成が運行開始されます。今回はそのことについて紹介します。

新造・リニューアル編成1号運行開始

今回運行を開始するのは 261(Mc・リニューアル)-181(T・新造)-161(Tc・リニューアル)の一編成です。中間車1両が新造され、両端の2両がリニューアル工事が実施されました。改造はあすなろう鉄道ではなく、2015年春まで運営していた近鉄の高検車区(大阪府八尾市)まで陸送され行われました。

リニューアル工事は座席などを含めた車内の改造に、あすなろう鉄道としては初の冷房取り付け工事が行われました。冷房は屋根上でなく埋め込み式のようです。パステル調の単色で塗装されていた車両も、横須賀色を彷彿させる下半分がブルーで真ん中がクリーム色、上部が細くブルーの塗装へ変更されました。

この第一編成は9月27日に四日市駅構内で式典を行った後、四日市10:02発内部行きの列車から一般営業を開始します。

一部は50年以上前の車両

あすなろう鉄道では3両×4編成・2両×1編成の計14両が在籍しています。そのうち半数近い6両が50年前の車両を改造して使用しています。

改造車両の内訳としては1949年製の北勢鉄道モニ210形であるモニ227-モニ229計3両を中間車サ121-サ123へ改造、1950年代中頃製造の三重交通サ360形サ131・133計2両をク114・115、サ123計1両をサ124として改造して使用しています。残り8両については近鉄時代の1982~1983年にかけて製造された車両です。

6両は50年以上前の車両がベースで、残り8両も30年以上使用されている車両で全ての車両が老朽化しています。そのため今回リニューアルした編成も含め、今年度から4年間で6両の新造と8両のリニューアルが行われる予定です。

また、車両のリニューアル・新造費用ですが、四日市あすなろう鉄道は負担軽減のため鉄道施設・車両の保有は行っていません。形としては四日市からの無償付与という形になっています。そのため、四日市市が費用の大部分を負担しています。



スポンサーリンク

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。






・解説
東京メトロ13000系から遅れること半年以上、やっと東武70000系の第一編成が到着しました。甲種輸送の様子を動画でまとめました。