2015年9月17日木曜日

二度の転職 銚子電鉄新型車両




銚子電鉄で運行予定の元・伊予鉄800系ですが、ちょっと変った経歴なので紹介したいと思います。

元々は京王5000系

今回銚子電鉄へ譲渡されることになった伊予鉄道700系は、元々京王5000系として運行されていたものです。京王5000系は1963~1969年にかけて製造された車両で、1980年台後半から1996年にかけて廃車が進んでいきました。

京王線からは姿を消した5000系ですが、一部車両は地方へ改造ののち販売されていきました。5000系を購入した会社は、富士急行・伊予鉄道・一畑電車・高松琴平電気鉄道・わたらせ渓谷鉄道と日本全国5社となっています。導入した会社全てで、運行を続けています。

伊予鉄道を除く4社は1990年代の導入でしたが、伊予鉄道は1987年からの導入で、京王電鉄での廃車が始まってからすぐに導入を始めました。そのため一部編成では置き換えが始まりました。

そこに目をつけたのが銚子電鉄です。銚子電鉄は600Vの電圧のため状態の良い大手鉄道会社の中古車量の購入の場合、改造費がかかります。そのため2000形導入時は、大手鉄道会社からの直接購入ではなく、伊予鉄道へ譲渡されたときに600Vへ改造済みの伊予鉄道800系(元・京王2010系)を導入しました。今回もその時と同じ流れで、伊予鉄道700系が導入されることになりました。

消えるデハ1000形

新型車両を導入するということは、消える列車もあります。それはデハ1001という車両で、元々は銀座線を中心に活躍していた営団2000形という車両です。

この車両は01系により置き換えられた後、日立電鉄と銚子電鉄に改造ののち売却されました。そのうち日立電鉄は2005年に会社自体が無くなってしまったため、全廃となってしまいました。なので、動く2000形は銚子電鉄のデハ1001だけとなっています。

先ほど説明した元・伊予鉄700系は、2016年3月頃までの運行開始を目指しています。一方デハ1001は2016年3月頃の引退を予定しています。なので、もう少しだけデハ1001の雄姿を拝むことが出来そうです。



スポンサーリンク

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。