2016年2月3日水曜日

東武鉄道 初めて「副駅名称」を導入




東武鉄道は2016年1月26日に東武鉄道としては初めて「副駅名称」を導入すると発表しました。今回は写真を交えて様子を紹介したいと思います。
記事作成日: 2016.01.29/記事更新日: 2016.02.03

東武鉄道東上線 東武練馬駅第2種駅名標

広告媒体としての導入

東京メトロ表参道駅のような分かりやすさを補助するためのものでなく、目立つ駅名標への広告媒体としての導入です。その他に東武鉄道は導入の目的として、施設の最寄駅であることや地域・路線がより親しまれるようになどを挙げています

現在導入の対象となっているのは東武本線26駅、東上線9駅です。第一弾として東武練馬駅と高坂駅へ1月27日に導入、霞ヶ関へ2月1日より導入されます。

導入は大型の駅名標のみ

最初に導入された東上線東武練馬駅と高坂駅へ様子を見に行ってきました。

東武鉄道東上線 高坂駅第2種駅名標
写真は実際の導入の様子です。東武練馬駅と高坂駅へ広告を出したの両方の駅にキャンパスのある大東文化大学です。どちらのキャンパスも40年以上は経っている、地域に根ざしたと呼べる歴史を持っています。

表記の仕方としてある程度分離して表記するタイプと、駅名標に完全に組み込むタイプがありますが、駅名の真下に広告の文字が入る形で組み込むタイプとなっています。フォントも駅名とは別で校章なども入っているところを見ると、ある程度好きなようにデザイン出来るようです。印字もシールなどではなく印刷なので、駅名標全体を新しいものへ取り替えたようです。

東武練馬駅路線図
駅名標と言えばこの他にも駅入り口にある大型のタイプ、柱などに設置されている縦長の小型のものがありますが、それらには入っていません。路線図も同様です。

バスや路面電車では車内アナウンスで停留所のほか副駅名称を読み上げたりするものありますが、そういったものもありません。駅構内放送も同様でした。

2月1日から霞ヶ関駅でも使用開始

東武鉄道東上線霞ヶ関駅 第2種駅名標
事前のアナウンス通り霞ヶ関駅でも使用開始されました。大東文化大学は独自のフォントで校章入りだったのに対し、東京国際大学は駅のフォントに合わせ非常に違和感が少ないデザインとなっています。私としてはこちらのデザインのほうが全体が統一できてて良いのではないかと思います。

広告媒体としての副駅名の導入は、鉄道各社で進んでいます。今回の東武鉄道の様子を見る限り、スタンダードな形で導入したと言えると思います。駅名標は初めて駅に着いたとき最初に見ようとしたりするものだと思います。今後も多くの駅に導入するようですが、広告としてただお金を沢山出してくれるとことかでなく、地域に根ざしていて分かりやすい堅実なものが導入されていけば良いなと私は思います。


スポンサーリンク

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。