2016年3月14日月曜日

西武鉄道 2018年度から新型特急車両投入




2016年3月14日に西武鉄道は2018年度から新型特急車両を導入すると発表しました。

デザイナーは建築家

導入車両数: 8両×7編成=計56両
運行開始時期: 2018年度
制作会社: 日立製作所

西武鉄道のプレスによると2018年度から2019年度の導入を予定しており、40000系・「52席の至福」とともにフラッグシップトレインと位置づけています。

デザイナーは女性建築家の妹島和世(せじま かずよ)氏が担当します。風景に溶け込むようなデザインにするとしています。

運行路線などについては、まだ発表されていません。

池袋線用の置き換え車両か?

西武池袋駅に到着する10000系特急ちちぶ
西武10000系特急電車
現在西武鉄道で運行している特急車両は10000系のみとなっています。運行開始こそ1993年ですが、床下機器は不要になった通勤車両機器を流用しておりやや時代遅れの装備となっている面は否めません。内装については新品で、2003年から更新もされています。ただし、最終増備車の10112編成は床下を含め完全新製となってていて、床下機器は他の編成とはまったく違う仕様となっています。現在12編成が在籍しており、7編成が池袋線系統・5編成が新宿線系統へ配置されています。以上のことを踏まえてると、編成数的に池袋線系統の置き換えようとして導入されるのではないかと思います。そして状態の良い10000系のみを新宿線へ配置するのではないでしょうか。

池袋線といえば東京メトロへの乗り入れを実施していますが、以前西武鉄道が副都心線への特急乗り入れを検討する発言していたことを考えると、この車両になるのではと思います。ただ、デザイン案を見る限り貫通扉は無さそうなのが分からないところです。あくまで検討中のイメージイラストなので、今後追加される可能性もあると思うので、次の発表でその辺りは明らかになると思います。

発表されている情報が少ないので続報が発表されましたら、このページに追記していきたいと思います。

スポンサーリンク


0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。