2018年12月14日金曜日

二つの新横浜線誕生へ




東急電鉄と相模鉄道は相互直通のために建設している新路線の名前を、それぞれ新横浜線となずけることを発表しました。

JR東日本E233系7000番台
新横浜線に乗り入れると予想されている
JR東日本E233系7000番台

名前は有楽町線方式へ

新線は厳密には二つに分かれ「西谷駅~新横浜駅」間が相鉄新横浜線となり、「新横浜~日吉」間は東急新横浜線となります。これは西武有楽町線と東京メトロ有楽町線と似た命名方式です。

開業は相鉄新横浜線の「西谷駅~羽沢横浜国大駅」が2019年度下期、相鉄新横浜線「羽沢横浜国大から東急新横浜駅までが2022年度下期に開業の予定です。

羽沢横浜国大駅からはJR方面への分岐があり、2019年度の部分開業に合わせてJRへの直通が開始されます。これにより東海道貨物線を経由し鶴見で横須賀線と合流し、湘南新宿ラインと同じ経路で渋谷・新宿方面を目指します。東海道貨物線は現在一部の列車が臨時で旅客営業する以外は、貨物列車しか運行していません。この乗り入れで初めて純粋な旅客営業が開始されます。


利便性向上と複雑な乗り入れの課題

今回の新横浜線には、東急東横線・目黒線、JR東日本湘南新宿ライン、相鉄本線・いずみ野線が乗り入れる予定です。これにより相鉄各駅から渋谷・新宿方面には二経路で、目黒方面には一経路で行くことが可能になり、利便性が向上することは間違いありません。

東急線は更に東京メトロ副都心線・南北線、都営三田線などと一体で運行を行っており、JR湘南新宿ラインは埼京線との一体運行を行っています。なので、乗り入れ先の路線が遅れることで、超広範囲に遅れが広がる可能性があります。

西谷駅・羽沢横浜国大駅・日吉駅などで、どこかで運休が発生した時には乗り入れ中止の対応が可能にはなっているとは思います。なので一つが止まって全体が止まるというようなことは無いと思いますが、軽微な遅延が大規模に広がることは避けられないでしょう。

各社車両増備へ

相鉄では東急方面への乗り入れのため、新型車両の20000系が増備されました。更にJR方面への乗り入れに対応するために、12000系を更に増備することが発表されました。JRは埼京線のE233系7000番台が増備されることが濃厚なようです。

東急についても何らかの動きがあると思うので、そちらも注目です。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

二つの新横浜線誕生へ

東急電鉄と相模鉄道は相互直通のために建設している新路線の名前を、それぞれ新横浜線となずけることを発表しました。 新横浜線に乗り入れると予想されている JR東日本E233系7000番台 名前は有楽町線方式へ 新線は厳密には二つに分かれ「西谷駅~新横浜駅」間が相鉄...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
東武ファンフェスタで運行された臨時リバティです。変わった経路での運行でした。