2016年2月18日木曜日

「北斗星」「はまなす」「カシオペア」新ダイヤ徹底解説




2015年1月23日にJR北海道・東日本から4月1日以降の「北斗星」「はまなす」「カシオペア」ダイヤとと、10月以降の3月の廃止までの「はまなす」「カシオペア」のダイヤについて解説したいと思います。
記事作成日: 2015.01.23/最終更新日: 2016.02.18

千歳線を走る寝台特急カシオペア
千歳線を走る寝台特急「カシオペア」

最終運転日はカシオペアは3月20日・はまなす21日

ダイヤ改正の発表にあわせて3月中の運転計画が発表されました。はまなす・カシオペア共に地上設備の切り替え日までは、大きな運休もなく運転します。思っていたよりかなり良い結果でした。

カシオペアの最終運転日は「上野発→札幌行き」が3月19日発・「札幌発→上野行き」が3月20日発です。はまなすの最終運転日は「札幌発→青森行き」が3月20日発・「青森発→札幌行き」が3月21日発です。

その後カシオペアについて、ダイヤ改正以降は団体臨時としての運行継続決定したと2016年2月18日に報道されました。それではそれぞれのダイヤについて紹介します。

急行「はまなす」は最低限の運休

急行はまなす 2015年度4/1~9/30ダイヤ
急行はまなす 2015年度4/1~9/30ダイヤ
※スマホ・PC共に画像は大きく表示できます。

9月30日までの運行では運休はGWなどを中心に18往復で、最低限の数にとどめられています。「札幌行き」は2014年度と同じダイヤで引き続き運転されますが、「青森行き」は多くの日で「函館~青森」間のダイヤが変更されるので注意が必要です。

2015年10月以降のダイヤ

急行はまなす 2015年度10/1~2/29ダイヤ
急行はまなす 2015年度10/1~2/29ダイヤ

10月以降の運転では札幌行きは時刻変更なし、青森行きは函館発車・青森到着時刻が全ての列車で遅い時間となります。運休に関しては、4往復のみで最小限になります。3月以降も10月以降と同じダイヤで、「青森発→札幌行き」が3月21日まで毎日運転、「札幌発→青森行きが」3月20日まで毎日運転されます。

札幌から青森までの映像

また、始発駅のホーム入線時刻は予想となりますが記載しておきます。
札幌行き: 青森駅21:50頃3番線
青森行き: 札幌駅21:35頃4番線

カシオペアと北斗星がセットで運行へ

運行形態としては現在の「カシオペア」と同じです。例えば、1日に上野発「北斗星」が設定された場合は1日の札幌発「北斗星」は運休になり、2日はその反対といった感じです。そして上野発「北斗星」が設定されている日は札幌発「カシオペア」が設定されます。

ダイヤは青函トンネルに配慮したダイヤになるため、札幌行きの場合は「上野~盛岡」間が現行の「カシオペア」と「函館~札幌」が現行の「北斗星」を組み合わせたダイヤになり、乗車時間が伸びます。

北海道新幹線関係の試験が優先のため、大型連休など貨物の運行が少なくなるに合わせて運休が行われます。

また、「北斗星」は上野発車時刻が16時台になるので尾久車両センターからの推進運転が、「北斗星」2往復時代のように明るいうちに見ることができます。

寝台特急「カシオペア」は時刻変更以外はほぼ変らず

寝台特急カシオペア2015年度4/1~9/30ダイヤ
寝台特急カシオペア2015年度4/1~9/30ダイヤ

木曜日が基本的に運休・それ以外は「札幌行き」と「上野行き」を交互に運転と運転本数は現在と変わりません。ダイヤは「札幌行き」が「函館~札幌」間が現在の北斗星と同じダイヤに変更となり、「上野行き」は基本的に現在と同じままとなります。

2015年10月以降のダイヤ

寝台特急カシオペア 2015年度10/1~2/29ダイヤ
寝台特急カシオペア 2015年度10/1~2/29ダイヤ

北斗星は8月23日に廃止となりますがカシオペアについては10月以降も、現行とほぼ同じ運転本数です。1編成しかないなので、隔日を基本として木曜日は原則運休となります。

また、3月以降は時刻は10月以降から変更無しで、「上野発→札幌行き」が3月1,4,6,8,11,13,15,17,19日、「札幌発→上野行き」が3月2,5,7,9,12,16,16,18,20日の運転となります。

団体臨時化による運行継続の報道はありましたが、ダイヤについては今のところ不明です。
※関連記事: 寝台特急カシオペア 団体臨時で運行継続へ

始発駅のホーム入線時刻など、時刻表に記載のない停車時刻を記載しておきます。ただし、あくまで目安ですので、変更などがある場合があります。

尾久出庫の映像
※安全な位置より撮影

下り・札幌行き

上野駅15:35頃13番線
青森駅(運転停車): 01:50着/4:15発
青函トンネル: 05:02頃(40分で通過)

上り・上野行き

札幌駅16:03頃4番線
青函トンネル: 22:11頃(40分で通過)
青森駅(運転停車): 23:40着/23:50発
上野駅(回送): 9:42頃発13番線

寝台特急「北斗星」は臨時化で大幅減便

寝台特急北斗星 2015年度4/1~8/22ダイヤ
寝台特急北斗星 2015年度4/1~8/22ダイヤ

運行本数はカシオペアと似た方式になるので大幅減便となります。水曜日が基本的に運休・それ以外は「札幌行き」と「上野行き」を交互に運転となります。

ダイヤは「札幌行き」が「上野~仙台」まで・「上野行き」は全区間で現在の「カシオペア」と同じに変更となります。新ダイヤは「カシオペア」と共通になりますが、盛岡と一ノ関が通過となるので注意が必要です。ただし、「カシオペア」とダイヤを共用している関係上、遅延などが無ければ盛岡と一ノ関には運転停車を行います。運転停車の時刻は「カシオペア」と同じ停車時刻となっています。

始発駅のホーム入線時刻などは上に記述した「カシオペア」と同じ時刻になります。

また、「北斗星」が3月13日から2週間程度運休するのは、編成の組み直しやそれに伴う改修などを行うためのようです。8月以降については客車の解体が始まってしまったので、特別に1・2本の運行なんてことも、もう叶うことはないようです。

おまけとして表を作ってみました。お役に立てば幸いです。

札幌方面夜行列車ダイヤ
2015年度4/1~9/30の札幌方面夜行列車ダイヤ


青森・上野方面夜行列車ダイヤ
2015年度4/1~9/30の青森・上野方面夜行列車ダイヤ

JRのプレスリリース「急行「はまなす」及び寝台特急「カシオペア」・「北斗星」の平成27年上期(4月~9月)運転計画について」を参考にttmjrmが画像を作成しました。誤りなどがありましたら申し訳ございません。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。