2016年2月18日木曜日

E3系新幹線をアート列車として上越新幹線で運行へ




JR東日本はE3系新幹線を改造した「GENBI SHINKANSEN (現美新幹線)」を上越新幹線「越後湯沢~新潟」間で2016年4月29日から運行すると発表しました。
記事作成日: 2015.03.03/記事更新日: 2016.02.18

大宮駅停車中のE3系新幹線
GENBI SHINKANSENのベースとなる
秋田新幹線E3系

GENBI SHINKANSENについて

車両愛称: GENBI SHINKANSEN/現美新幹線
車両: E3系0番台6両編成
座席数: 105名
運行開始時期: 2016年4月29日
運行エリア: 「越後湯沢~新潟」間を中心とした上越新幹線内
運転日: 土休日など年間120日

「旅する現代アート&カフェ空間」というコンセプトで現代アートを楽しめる列車を予定していて、展示される作品は絵画、立体、写真、映像、テキスタイルと幅広いものです。

列車のうち1両は新潟の食材を楽しめる「カフェ」と「キッズスペース」を設けるほか、先頭車両1両は従来の座席配置のままアーティストがインテリアやデザインを選定・監修した車両となります。

車両外観は写真家・映像監督の蜷川実花(にながわみか)氏が「長岡の花火」を大胆にデザインする予定です。

通常のE3系の普通車両は1両あたり約60~65名程度の座席数があるので、ギャラリーやカフェを設置するにしても余裕があるので、ゆとりのある座席配置になるのではないかと思います。

列車は臨時「とき」として運行され、「越後湯沢~新潟」間を一日3往復します。停車駅は途中駅に全て停車し、所要時間は各列車一時間前後になっています。

列車の車両番号については、秋田新幹線時代から変更はせず11~16号車という呼称になります。全6両のうち11号車が指定席です。12~16号車は7月まではツアーでの販売、7月以降は自由席での販売が予定されています。

E3系の現在について

E3系0番台は秋田新幹線の開通に合わせて運行を開始した車両で、E6系の導入に合わせて秋田新幹線からは撤退し、一部は廃車になりました。

現在残っている編成は秋田新幹線当時のまま東北新幹線「やまびこ」「なすの」運行続けるものと山形新幹線カラーに塗り替えて「つばさ」として運行をはじめた車両のほかに、山形新幹線内を走るリゾート列車「とれいゆ」として運行するものがあります。

2 件のコメント:

三ヶ田昭是 さんのコメント...

JRではローマ字はヘボン式を採用してるので、b,p,mの前のnはShimbashiのようにmになっている。GENBIはGEMBIにするべきではないでしょうか。

ttmjrm さんのコメント...

なるほど、その考えはありませんでした。
JR東日本のプレスリリースを再確認したところ「N」で統一されているので、意図を持ってやっていると思います。
しかし、芸術的に考えてなのか、書面の形式的な理由なのかまでは分かりませんでした。

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

東武ファンフェスタ2017とファンフェスタ号をリポート!

2017年11月19日に東武鉄道の南栗橋管理区で実施された東武ファンフェスタ2017と、それに合わせて運行された臨時特急について紹介します。 今年も実施東武ファンフェスタ2017 東武ファンフェスタ撮影会で展示された車両たち 右から 500系・100系・200系・1...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。