2016年4月28日木曜日

東武アーバンパークライン約4キロ複線化へ 1~2分時短か?




東武鉄道は2016年4月28日に東武アーバンパークライン(野田線)「逆井~六実」間3.9kmを複線化すると発表しました。工事は2016年度より開始し、2019年度完成を予定しています。

時間短縮効果は1~2分か?

野田線を走る8000系
アーバンパークラインでまだまだ活躍する
東武8000系
東武アーバンパークライン(野田線)は多くの区間が複線化されていますが、一部単線区間が残っています。「春日部~運河間」と「逆井~六実」の2区間です。

今回複線化されるのは「逆井~六実」間です。同区間は日中の行き違いで長時間の停車はありませんが、運行本数の多くなるラッシュ時にはどうしても行き違いの時間が発生してしまいます。実際運行してみないと何ともいえませんが、朝を中心に1~2分程度早くなりそうです。

東武アーバンパークライン全区間「大宮~船橋」のうち、柏駅が事実上の境界駅になっており、「大宮~柏」と「柏~船橋」の2系統に分かれています。今回の工事で「柏~船橋」間においては全線複線化が完了し、ラッシュ時の時短以外にも「柏~船橋」間のダイヤ乱れ時にも効果を発揮しそうです。

現地のレポートをお届けしたいとおもっているので、取材が完了次第このページを更新したいと思います。

スポンサーリンク


0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

川越特急運行開始と直通運転快速急行延伸の東上線ダイヤ改正

2019年3月16日に東武東上線では大幅なダイヤ改正を実施しました。川越特急新設による特急の11年ぶりの定期運行、副都心線からの快速急行の小川町延伸が実施されました。 川越特急で11年ぶりに特急復活 運行を開始した川越特急 行先表示が専用のフォントになっている ...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
東武ファンフェスタで運行された臨時リバティです。変わった経路での運行でした。