2016年10月20日木曜日

小田急新型特急70000形発表 LSE廃車か?




小田急電鉄は2016年10月20日に新型特急70000形を、2018年3月より運行開始する予定と発表しました。

オレンジの車体にボギー台車

車両形式: 70000形
導入編成: 7両×2編成
編成定員: 400名(全席指定)
製造会社: 日本車両
製造費用: 40億円

主な車両の特徴を紹介します。車両全体をオレンジに塗装し、側面窓上部を在来特急より大型化し先頭車両にはロマンスカーの特徴展望車を設けます。VSEで前方の映像をカメラで撮影し他の車内のモニターで見られるようには今もなっていますが、車内Wi-Fiを装備することでインターネットの他に展望ライブ映像の配信を行います。

在来線特急車両でも左右の振動を減らす「アクティブサスペンション」ダンパーの装備は珍しくありませんが、電子制御でダンパーの硬さなどを制御し更に振動を減らす「電動油圧式フルアクティブサスペンションダンパー」を編成全車両に採用します。小田急によると、在来線量産車での編成全車両に採用するのは国内初です。

台車は連接台車ではなく、一般的なボギー台車となります。最近の小田急車で採用されている、編成滑走制御やSiC素子、LED照明なども採用します。

製造は他の小田急特急と同じく日本車両です。特急車で製造車両数が少ないこともあり、編成あたり20億円・1両あたり2.75億円と高めになっています。

車両は2017年11月に、運行は2018年3月を予定しています。

7000形 LSEは廃車か?

現在運行を行っている車両で最も古い特急車両は、1980年より製造された7000形 LESとなっています。この車両は2編成が運行を行っています。今回製造される70000形の編成数が2編成であることを考えると、プレスでの正式発表はありませんが2017年度いっぱいで7000形が運行終了になるのが濃厚そうです。車体がオレンジであるのも、7000形を意識したのでしょうか?



0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。