2014年11月28日金曜日

京浜東北線ホームドア設置と中央総武緩行線




京浜東北線の大井町駅へのホームドアの導入が発表されましたが、現在も京浜東北線E233系がホームドアを使用することがあります。それはトラブルや工事などで山手線を走る時です。

京浜東北線E233系1000番台
京浜東北線E233系1000番台

山手線のE231系500番台は車掌さんが車両のドアを閉める感覚で車内からホームドアを閉めるわけですが、現在はE233系1000番台にはホームドアに関する装置が付いていないので、駅員さんがホーム上に出てきてホーム上のスピーカーを通して車掌さんや運転士さんと連絡を取り合いドアの開閉を行っていて面倒な状況です。なので京浜東北線の車両にはホームドアの装置が付いているほうが望ましいといえます。

さらに国交省がバリアフリー化と一緒にホームドアを推進していること、利用者が多い路線、車両がE233系10連しか使用されていないことで導入のしやすい線区であることを考えれば山手線の次に京浜東北線というのは自然な流れです。

中央総武緩行線E231系
中央総武緩行線E231系

そこで私が一つ気になっているのは中央総武緩行線です。山手線E231系500番台1編成が総武線仕様に変更されたことは記憶に新しいと思いますが、中央総武緩行線も利用者が多く、走る車両も限られていてホームドア化しやすい路線だと思います。

なのでE235系の導入が始まりホームドアに対応しているE231系500番台が本格的に転属するならばホームドア化の発表があるのでは?などと思ってますが、中央総武緩行線E231系は上野東京ライン用の増備車として常磐線転属なんて話が出て先が読みづらい状況です。何はともあれどうなっていくか面白い状況になってきましたね。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

進む川越工場からの移行 東武9000系9108F甲種・試運転レポート

 東上線川越工場の廃止による南栗橋工場への移行に関連すると思われる、東武9000系9108F甲種輸送や乗務員訓練による試運転などをレポートします。 東武9000系初の本線へ 9月には東武9050系の本線系統でのPQ台車を使った深夜試運転が行われましたが、11月に入...