2014年11月14日金曜日

今週末は8000系8111Fが東上線でラストラン




11月16日に行われる「東上線 森林公園ファミリーイベント2014」にあわせて8000系8111Fが臨時列車として走る予定ですが、これが東上線での最後の運転となりそうです。

駅に停車中の8000系8111F
東上線定期運用離脱前日の8000系8111F
最終日とその前日は特製のヘッドマークを付けて運行された
現在は登場当時のツートンカラー塗装に変更されている
8000系8111Fは2011年まで東上線を走っていた編成で、引退後はカラーリングを登場当時のツートンカラーに変更し東武博物館所属の動体保存車両となりました。現在では東武鉄道のイベント用列車として東上線や伊勢崎線など様々な路線で運用されています。

そして今回のイベントの告知の際に保安装置更新のため東上線では最後の運転になる予定だと東武鉄道から発表がありました。

※実際に運転された様子は以下の記事に掲載しました
8111Fを追いかけろ! 東上線 森林公園ファミリーイベント2014

なぜ東上線を走れなくなるのか

なぜ東上線でラストランになるかと言いますと、来年度に東武鉄道で初めてとなる新型のデジタルATC(通称T-DATC)の東上線への導入が決まった関係で走れなくなりました。技術的には無理やり新型ATCを載せることも可能だとは思いますが、既存の保安装置との兼ね合いと車両自体が古いことから大きな改造を必要とすることや、東上線だけのために高価な装置を載せることは見合わないとの判断から最後になるのだと思われます。

どのようなラストランになるか

越生線を走る8000系81111F
今回のイベントで8111Fと連結して走る8000系81111F
東上線100周年にあわせ2代目のカラーリングに変更されている
志木6:47→池袋7:14→折り返し→池袋7:19→森林公園8:31

東武鉄道から発表されている資料によりますと、各駅停車のダイヤで一般営業列車として運転します。5月にあった東上線100周年記念号と同じように8000系81111F 4両編成と連結して10編成として運転されます。

この時注意して頂きたいのは前回と連結する順番が逆ということです。今回は池袋寄りに8111F、森林公園寄りに81111Fで運転されます。なのでお目当ての車両を撮れなかった、乗れなかったなどのないよう気をつけたいところです。

そして森林公園に到着後は連結を切り離し、3種類の歴代カラーの8000系をならべて写真撮影会が行われます。歴代カラーそろっての撮影会は今回が初めてとのことです。

今回のイベントは東上線・東武鉄道ファンとしては目が離せません。既に森林公園到着済みのようなので、後は当日走るのを待つだけですね。

スポンサーリンク


0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

三ヶ尻線甲種輸送終了 今度はどこから電車を運ぶ?

 三ケ尻線どうして部分廃止になったかや、今後どこから甲種輸送する可能性があるかについてを紹介します。 石炭輸送と終わる三ヶ尻の役目 最後の甲種輸送を記念するヘッドマーク 三ヶ尻線は「武川~熊谷貨物ターミナル駅」間を結ぶ、秩父鉄道の貨物線です。旅客と貨物線を持つ私鉄は数少ないので、...