2014年12月15日月曜日

パスネット来年廃止 払い戻しもお忘れなく




「パスネット」が2015年3月31日の最終列車をもって、終了するとの発表がありました。


パスネットのカード
東武鉄道発売の「パスネット」のカード
右端の鉄道会社名が販売元によって異なる


2000年10月より発売の始まった「パスネット」ですが、2007年3月よりサービス開始のした「PASMO」の普及に伴いサービス終了となります。発売自体は2008年1月に終了、同年3月には自動改札機での扱い終了となっていましたが、券売機や清算機では使用することが出来たのを終了するとのことです。

また、現在も受け付けている払い戻しですが、2018年1月31日までと発表されました。払い戻しは手数料無料で、パスネットに加盟していた各鉄道会社の駅窓口などで受け付けています。詳しくは払い戻しをする鉄道会社にてお聞きください

東武鉄道・JRの相互直通運転記念のパスネット
東武鉄道・JR間の特急列車相互直通運転記念のカード

「パスネット」は関東私鉄各社が元々発行していたプリペイド式乗車券を統合する形で発売されていましたが、右下の文字が販売元の鉄道会社によって異なっていたり、記念カードも各社が比較的自由に発行していました。

「Suica」などはJR一社でやっているせいか比較的多く記念カードが発売していますが、「PASMO」は各社の調整が必要なのか記念カードがなかなか発売されのないのが残念です。

「テレホンカード」や「オレンジカード」などの鉄道記念カードを集めていた人も多かったと思います。
記念「Suica」ですと非接触式なので傷をつけることなく使用できますが、「パスネット」や「オレンジカード」は使うとすり傷が付いてしまうので、お気に入り柄だともったいなくて使わないなんてのもしばしばで使い方に苦労しました。プリペイドカードの衰退でそういった苦労や楽しみともお別れになってしまいそうですね。

スポンサーリンク



0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

小田急50000形ロマンスカーVSE 2023年廃車へ- 連接台車の歴史に幕を下ろすか?

小田急電鉄は50000形ロマンスカーVSEの2022年3月11日までの定期運行終了と2023年秋の廃車を、2021年12月21日に発表しました。なぜ廃車に至るかの考察と、今後も連接台車特急の運行自体は可能ということを解説していきます。 定期運行終了の後廃車へ 運行を終了する予定の...