2015年4月30日木曜日

東武鉄道2015年度業計画発表 新規急行運転は2016年春から




2015年4月30日に東武鉄道は鉄道事業投資計画を発表しました。東上線地下鉄直通急行や野田線急行運転開始の時期など、その中でも気になるものをピックアップして紹介・解説します。

車両関係

野田線春日部駅に到着する東武60000系
今年度も導入予定の60000系


・新型特急500系導入
・60000系2編成の導入
・10000系24両のリニューアル
・東上線TJライナー増発と地下直急行のため車両工事

2017年春の運行を目指す新型特急が導入されます。ただし、納入も2016年度ということなので、今年度は大きな動きはないと思われます。

東武アーバンパークライン(長いので以下では野田線と呼びます)向けに60000系が2編成12両が導入の予定です。10000系列の野田線への転属については今年度は行われないようです。

10000系は24両がリニューアルの予定です。おそらく今年度も東上線の10030系と本線の10000系が更新対象なのではないかと思います。気になる点としてはVVVFへの更新が書かれていないことです。もともと全ての車両を対象に行っていたわけではないので、今年度はVVVF化が実施されないのかもしれません。

去年発表のあった東上線の朝ラッシュでのTJライナー運転と地下鉄直通急行の運転予定が2016年春と明記されました。これに向けて駅務機器と車両設備が改修されます。

また、去年発表のあった日比谷線向け新型車両については触れられていませんでした。東京メトロの事業計画も同様だったので、2016年度以降に足並みを揃えて行うのかもしれません。

事業計画には無かったC11形蒸気機関車運転の発表がありました。詳しくは記事下部の関連記事を参照ください。

駅や地上設備など

東上線を走る東武30000系
東上線ATC化により地上信号が消えている様子


・和光市駅ホームドア設置
・東上線「川越市~池袋」間ATC化
・野田線急行運転のための工事
・橋上駅舎化

去年設置の発表があった和光市駅のホームドアですが、2015年度中に完成の予定です。川越駅に関しては2017年度に完成予定です。

2015年1月より「小川町~川越市」間の信号システムが東武型デジタルATC通称「T-DATC」に更新されましたが、今年度中に「川越市~池袋」間でも使用開始されます。これにより東上線系統では、東上線・越生線のワンマン区間以外で信号が姿を消します。

野田線の「大宮~春日部」間の急行運転開始予定時期が2016年春と発表されました。これに合わせて今年度は踏切の制御回路の改修と曲線改良工事が実施されます。どちらも急行運転で今までより列車が早く通過することで発生する問題に対処するためです。




0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。






・解説
東京メトロ13000系から遅れること半年以上、やっと東武70000系の第一編成が到着しました。甲種輸送の様子を動画でまとめました。