2015年3月30日月曜日

JR西日本 SL山口号用新型客車と駅改修を発表




2015年3月30日にJR西日本は「SL山口号」用にに旧型客車風の新型客車の製造とそれに合わせて駅改修を行うと発表しました。

駅改修について

新型客車の運行に合わせて一部停車駅の改修が行われます。

・新山口
SL停車ホームの床面を昭和初期レトロ調に改修

・仁保駅
急勾配前準備作業が見学できるようにホーム待合室移設

・地福駅
駅舎内外装を昭和初期レトロ調にあわせて改修

・津和野駅
コンコース・トイレの改修

新型車両について

・マイテ49(一等車)風1両
・オハ35(三等車)風3両
・オハ31(三等車)風1両
計5両1編成

「SL山口号」は山口線「新山口~津和野」間で運行されているSL列車です。現在の客車は客車の中では比較的新しい形式の12系客車を古い車両に似せて塗装・改造したものを使用しています。改造車両であるためパッと見の印象では似ていても、細部はあまり似ていません。

それに対し今回新しく作られる車両の外観は発表されたCGイメージを見る限り、今より似たものになりそうです。台車こそヨーダンパー付きボルスタレス台車ですが、車体側面や屋根はかなり似せようとしているようです。新型車両になることで見た目だけでなく、乗り心地などの居住性も改善されると思います。

車両の運行開始は山口ディスティネーションキャンペーンにあわせた2017年9月の予定です。

また、この運行開始にあわせて以前発表されていたD51形200号機の改修も完了し、運行できるようになると思われます。D51運行開始により現在「山口号」などの牽引機として使われているC56形160号機は引退の予定です。

スポンサーリンク


0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

209系初のジョイフルトレイン「B.B.BASE」自転車ツーリング列車

JR東日本は2017年8月25日に209系を改造した自転車ツーリング用列車の「B.B.BASE」を発表し、2018年1月6日より運行を開始しました。 記事作成日: 2017.08.25/2018.04.09 自転車はそのまま載せられる 209系2200番台 B.B....

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
東武ファンフェスタで運行された臨時リバティです。変わった経路での運行でした。