2015年9月20日日曜日

都電8900形まもなく運行開始を発表




2015年9月8日に東京都交通局は都電荒川線への8900形導入と9月18日からの運行開始を発表しました。
記事作成日: 2015.09.08/最終更新日: 2015.09.20

三ノ輪橋駅を発車する都電8900形
デビューした8900形

3色2両づつの計6両の導入

今回導入されるのは都電荒川線用の8900形路面電車です。今年度分は2015年8月22日から24日にかけてトレーラーでローズレッド2両が搬入されました。28年度までにブルー、ローズレッド、イエローが各2両づつ導入される予定です。先代の8800形は最終製造の8810号車が2010年12月15日に搬入されたので、5年ぶりの新型車両です。

製造は前回と同じくアルナ車両製で、東京都交通局が公開した写真を見る限り電灯のLED化など細かい違いはあるものの、基本的には8800形と同じ内装になっているようです。

都電では1955年から製造された7000形が運行を続けています。8800形の導入より一部車両が廃車になったものの、現在でも多くの車両が運行しています。この7000形の一部車両は8900形の導入により廃車になる予定です。

運行は9月18日から

運行は2015年9月18日から運行を開始しました。細かい運行状況については東京都交通局がサービスを提供している都電運行情報で確認が可能です。なので、運行開始から2日目に撮影へ行ってきました。

早稲田駅に到着する都電8900形
早稲田駅に到着する様子

8900形は2編成が18日から運行を開始しましたが、私が撮影した時は1編成だけが運行していました。その時運行していたのは8901です。

都電8800形の運転台
8800形の運転台

都電8900形の運転台
8900形の運転台

内装など8800形とほぼ同じ仕様のようで、大きく変ったのは外観と言ったところでしょうか。

都電8900形の液晶モニター
液晶モニター

液晶モニターはスペースの関係か今回も4:3のものが採用されています。最新の車両らしく監視カメラも設置されています。

運行開始記念のヘッドマークをつけた都電8900形
運行開始記念のヘッドマーク

運行の開始を記念して大型のヘッドマークが付けられての運行です。

三ノ輪橋駅で縦列停車する7000形と8900形
縦列停車する8900形と7000形
8901は入庫するためか終点の三ノ輪橋駅で7000形が先に発車できるように、奥のほうに停車し7000形を追い越しさせました。写真はその時の縦列停車の様子です。

動画でも撮影しました。

※関連記事

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

JR東日本 夏の臨時を勝手にピックアップ2017

2017年5月19日にJR東日本が夏の臨時列車を発表したので、私が気になった列車をピックアップして紹介します。 ムーンライト信州 夏の定番ムーンライト 快速ムーンライトながら 使用車両: 185系 東京発23:10→大垣着5:50 7/22~8/20...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。