2015年9月20日日曜日

廃車? 新木場留置の06系




2015年9月10日過ぎ頃から新木場車両基地に留置され何やら作業をしている06系ですが、今回は基地の敷地外からどうなっているか撮影してきました。

新木場CRに留置されている06系
新木場CRに留置されている千代田線06系

新木場での06系

9月18日の様子をレポートします。

歩道橋より見た新木場CRに留置される06系
歩道橋より見た編成全体像

まずは歩道橋からの様子を見てみます。営業車の場合は当然編成を分割して留置などしませんが、06系は6両と4両に分割した状態で留置されています。屋根上の機器は撤去されたりしていないようです。

新木場CRに留置される06系先頭車側面
先頭車側面

歩道橋を降りて先頭車付近を撮影してみます。アップで撮影するといつも通りにも見えますが、側面を見るとメトロマークが外されています。メトロマークがあった部分は、以前取り付けていた営団時代のマークが薄っすら浮き出ています。アルミ車体なのでネジ穴が残るので、営団マークのあったところに取り付けたのがはっきり分かります。

新木場CRに留置される06系床下機器
インバーターが取り外された床下

更に車両側面を見てみます。車両側面を見ると全ての車両で車両番号を示すプレートが外されているのがわかります。さらに床下機器にも注目してみると、VVVFインバータの一部も取り外されています。

新木場CRに留置される06系台車
注意書きのあるSS-135形動力台車

台車部分を見てみるとメモ書きが貼ってあります。「台車再用」とあるので、取り外して再度使うということなのでしょうか?06系で使用している台車は07系や03系などでも使用しているので、廃車の場合予備部品として使えます。

どうなる06系

千代田線では16000系の増備が進んでいますが、9月16日より16000系4次車の運行が開始しました。運行開始にあわせたプレスで千代田線は16000系で統一すると発表しています。なので、06系は廃車になる運命が確定しています。1編成だけの変り種として運行の続けてきた06系ですが、先輩車両の6000系より先に廃車になってしまうのでしょうか・・・

追記-解体が始まったので撮影してきました。
廃車解体 さよなら千代田線06系

3 件のコメント:

新井創太 さんのコメント...

子供のころ我孫子駅で06系の写真をとるぞ!と言って5時間くらい張り込んだことがあります。
常磐線沿線に住んでいた私にとってとても思い出深い車両なのでどうかどこかでまた走らせて欲しいものです。

ttmjrm さんのコメント...

06系は運用が広く1編成しかありませんから、その点では鉄道ファン泣かせの車両ですよね。
そして、また元気に走ってくれれば良いですね。

新井創太 さんのコメント...

本当にその通りです。ちゃんと走っている姿を目に焼き付けておけばな…と今更ながら思いました。

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

鉄道技術展2017に行ってきた「広がる無線無線信号システム・ディーゼルエレクトリックの波」編

前回の 「山手線の新技術・足元を支える台車技術」編 引き続き鉄道技術展2017について、テーマ別に紹介していきます。今回は「広がる無線無線信号システム・ディーゼルエレクトリックの波」編です 広がる無線無線信号システム 首都圏発の無線信号システム運用中のJR埼京線 ...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
東武ファンフェスタで運行された臨時リバティです。変わった経路での運行でした。