2015年2月18日水曜日

能勢電鉄5100系3月16日に運行開始 イベントも実施




2015年2月18日に能勢電鉄は阪急電鉄より導入した5100系を2015年3月16日から運行開始すると発表しました。運行開始より一足早く乗れる試乗会などのイベントも行われます。

能勢電鉄5100系について


ベース車両: 阪急5100系電車からの変更点

ワンマン化
スカート取り付け
避難用はしごの搭載
ライト・行き先表示機のLED化
先頭車への車椅子スペース設置

能勢電鉄5100系は阪急電鉄より譲渡された5100系を改造した車両で、4両編成2本が導入されます。見た目も阪急時代からあまり変っていません。

なぜ阪急電鉄からの譲渡車が導入されたかといいますと、能勢電鉄は阪急電鉄の子会社で直通運転なども行っています。車両も自社発注のものは長らく作られておらず、阪急電鉄から譲渡されたものを使うのが普通となっています。

営業運転は2015年3月16日から開始される予定です。

導入イベントも実施

5100系の導入に合わせて記念イベントや試乗会が実施されます。

試乗会について

運転日: 2015年3月15日
運行区間: 川西能勢口駅~妙見口駅を一往復
募集人数: 200人
応募期間: 2月18日~3月2日10:00まで
発車時刻: 11時8分頃

5100系に一足早く乗れる試乗会が実施されます。募集人数は200人で能勢電鉄ホームページからの応募となります。当選した場合は3月上旬に案内状が届きます。

内容としては川西能勢口駅~妙見口駅間1往復の試乗のほか、妙見口駅での雅楽演奏などとなっています。

導入記念イベント

実施日: 2015年3月15日 10:00~13:00
場所: 川西能勢口駅4・5番線ホーム
車両見学時間: 10:20~50/12:30~13:00

試乗イベントに合わせて導入記念イベントが行われます。内容としては「社長挨拶」「雅楽演奏」「お祓い」「車両見学」などが行われます。こちらのほうは応募なしで参加できるようで、来場者にはノベルティーグッズのプレゼントもあります。

詳しくは能勢電鉄ホームページの2月18日発表のニュースリリース 「能勢電鉄5100系車両 営業運転の開始日及び導入記念イベントについて」 をご覧ください。



スポンサーリンク

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

万能特急東武500系リバティ 縦横を駆ける

2017年の4月21日より運行を開始した東武鉄道500系特急リバティの運用や料金面を中心に解説します。車両については別記事の 「東武鉄道新型特急500系リバティ 半蔵門線には直通しない?」 のほうをご覧ください。 4月21日ダイヤ改正より運行開始 運行開始は東武野...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。