2015年2月23日月曜日

ICOCAエリア拡大と発売額追加を発表




2015年2月23日にJR西日本はICカード乗車券「ICOCA」の発売額追加と利用可能エリア拡大を発表しました。

発売額追加について

現在は「2000円(うちデポジット500円)」のみでの販売ですが、「1000円・2000円・3000円・5000円・10000円(それぞれデポジット500円含む)」となります。

「2000円」以外の金額で買う場合にはピンクの券売機での販売となります。発売開始時期は機能の追加が終わった券売機から4月以降に順次開始をします。

ただし、子供用の「こどもICOCA」は今まで通り2000円のみでの販売となります。

※補足

デポジット・・・ICカード預かり金のこと。窓口などでカードを返却するとデポジットの500円を返してもらえます。
こどもICOCA・・・子供料金で乗れるICOCA。12歳未満まで限定で、発券には保険証・パスポートなどの身分証明書が必要になります。

ICOCAエリア拡大

2015年8月予定

紀勢本線「宮前~海南駅」間

2016年3月予定

姫新線「播磨高岡~播磨新宮駅」間
播但線「京口~寺前駅」間
加古川線「日岡~西脇市駅」間

これらのエリアが新たに「ICOCA」を利用できるエリアとなります。サービス開始日は改めて発表があるそうです。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

山手線などの完全自動運転を考える

2018年8月13日の読売新聞の記事で、山手線や京浜東北線に乗務員を乗せない完全自動運転を目指すという記事が出ていたので、現状の自動運転全般の問題から実現性について検討したいと思います。 どういった無人化を目指しているのか? 自動運転を目指している山手線 ...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
東武ファンフェスタで運行された臨時リバティです。変わった経路での運行でした。