2015年2月23日月曜日

ICOCAエリア拡大と発売額追加を発表




2015年2月23日にJR西日本はICカード乗車券「ICOCA」の発売額追加と利用可能エリア拡大を発表しました。

発売額追加について

現在は「2000円(うちデポジット500円)」のみでの販売ですが、「1000円・2000円・3000円・5000円・10000円(それぞれデポジット500円含む)」となります。

「2000円」以外の金額で買う場合にはピンクの券売機での販売となります。発売開始時期は機能の追加が終わった券売機から4月以降に順次開始をします。

ただし、子供用の「こどもICOCA」は今まで通り2000円のみでの販売となります。

※補足

デポジット・・・ICカード預かり金のこと。窓口などでカードを返却するとデポジットの500円を返してもらえます。
こどもICOCA・・・子供料金で乗れるICOCA。12歳未満まで限定で、発券には保険証・パスポートなどの身分証明書が必要になります。

ICOCAエリア拡大

2015年8月予定

紀勢本線「宮前~海南駅」間

2016年3月予定

姫新線「播磨高岡~播磨新宮駅」間
播但線「京口~寺前駅」間
加古川線「日岡~西脇市駅」間

これらのエリアが新たに「ICOCA」を利用できるエリアとなります。サービス開始日は改めて発表があるそうです。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

小田急50000形ロマンスカーVSE 2023年廃車へ- 連接台車の歴史に幕を下ろすか?

小田急電鉄は50000形ロマンスカーVSEの2022年3月11日までの定期運行終了と2023年秋の廃車を、2021年12月21日に発表しました。なぜ廃車に至るかの考察と、今後も連接台車特急の運行自体は可能ということを解説していきます。 定期運行終了の後廃車へ 運行を終了する予定の...