2015年2月26日木曜日

「東上線 ありがとう8000系 今は昔の物語」記念乗車券発売




2015年2月26日に東武鉄道は2015年3月7日より「東上線 ありがとう8000系 今は昔の物語」記念乗車券セットを発売すると発表しました。

乗車券概要

発売日: 2015年3月7日9:00~3月31日
発売額: 2000円
発売数: 計2000セット(売り切れ次第終了)
有効期間: 2015年3月7日~3月31日

発売場所

池袋、下板橋、大山、上板橋、東武練馬、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野、川越、川越市、霞ヶ関、坂戸、東松山、森林公園にて発売

東上線100周年イベント最後のグッズとして記念乗車券が発売されます。

切符は10駅の乗車券で構成されています。記念切符で2000円という額に合わせようとしたためか、券面の額はまちまちで大人・子供が混じっています。

台紙には8000系登場の頃から最後の引退ツアーまでの写真が印刷されたものです。

詳しくは東武鉄道HP内ニュースリリース2015年2月16日掲載の 記念乗車券「東上線 ありがとう8000系 今は昔の物語」を3月7日(土)より発売します! をご覧ください。

東上線の8000系について

東武東上線の8000系はATC化のために2015年1月17日の引退ツアーを最後に池袋~小川町間からは引退しました。

現在は「小川町~寄居」と越生線全線でワンマン化された4両の8000系が一般営業で活躍しています。回送列車も含めますと、「小川町~坂戸」間でも見ることが出来ます。

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

小田急50000形ロマンスカーVSE 2023年廃車へ- 連接台車の歴史に幕を下ろすか?

小田急電鉄は50000形ロマンスカーVSEの2022年3月11日までの定期運行終了と2023年秋の廃車を、2021年12月21日に発表しました。なぜ廃車に至るかの考察と、今後も連接台車特急の運行自体は可能ということを解説していきます。 定期運行終了の後廃車へ 運行を終了する予定の...