2015年1月20日火曜日

JR西日本外国人向けフリーパス新設




2015年1月20日にJR西日本は外国人向けフリーパス「JR-WEST RAIL PASS」の「山陰・岡山エリアパス」と「北陸エリアパス」のエリア変更と、「関西・北陸エリアパス」の新設を発表しました。

JR西日本大阪環状線を走る201系

山陰・岡山エリアパス

2015年3月31日分までの現在の切符は、連続した3日間を大人4410円・子供2050円で山陰・岡山のフリーエリアの特急・快速・普通列車の自由席を利用できます。

2015年4月1日からは今までの路線の他に智頭急線の追加やJR線のエリアを拡大し、国外購入4500円・国内購入5000円で連続した4日間を特急・快速・普通列車の自由席を利用できるようになります。

北陸エリアパス

こちらは北陸新幹線がらみの変更です。
2015年2月28日分までの現在の切符は、大人4500円・子供2250円で連続した4日間を北陸フリーエリアの特急・快速・普通列車の自由席と一部私鉄とバスを利用できます。

2015年3月14日からは現北陸本線の一部区間とバス・一部私鉄の利用が出来なくなりますが、今までの路線のほかに北陸新幹線と三セクの一部区間を連続した4日間利用できるようになります。
値段は国外購入5000円・国内購入4500円で特急・快速・普通列車の自由席を利用できるようになります。

関西・北陸エリアパス

新たに新設される切符で、西は倉敷・東は上越妙高と関西・北陸フリーエリアのJRと一部三セク線の新幹線・特急・快速・普通列車の自由席を連続した7日間利用できる切符です。
2015年3月14日からの発売で国外購入は15000円・国内購入は16000円となります。

これらの切符は短期滞在の外国人向けで、引き換えの際にパスポートの提示が必要です。
購入は日本国外の旅行会社・インターネットの専用サイト・パスエリア内の駅や旅行会社で購入することが出来ます。
また、一度の滞在の際に一度までの利用となっています。

スポンサーリンク


0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

進む川越工場からの移行 東武9000系9108F甲種・試運転レポート

 東上線川越工場の廃止による南栗橋工場への移行に関連すると思われる、東武9000系9108F甲種輸送や乗務員訓練による試運転などをレポートします。 東武9000系初の本線へ 9月には東武9050系の本線系統でのPQ台車を使った深夜試運転が行われましたが、11月に入...