2015年2月28日土曜日

仙石線全線復旧後のダイヤ概要発表




JR東日本仙台支社は仙石線の全線復旧に合わせて2015年5月30日より仙石線と東北線・石巻線の一部ダイヤを改正しました。

ダイヤ要点

・仙石線全線運転再開
・仙石東北ライン運行
・あおば通発着の快速廃止
・高城町~石巻間は震災前と同じ本数へ
・臨時快速の廃止
・運賃がお安くなる場合も

解説

ダイヤ改正と全線復旧の2015年5月30日に行われました。運休していた「高城町~陸前小野」駅間が運転を再開します。これにあたり「陸前大塚~陸前小野間」は内陸側へ移設されました。

ダイヤ改正に合わせて東北本線塩釜駅から仙石線高城町駅へ抜ける短絡線が建設され、「仙台駅~東北本線~短絡線~仙石線~石巻駅」という経路の列車が設定されます。この経路で仙台から石巻へ向かう列車は「仙石東北ライン」という名称で運行されます。

仙石東北ライン停車駅
仙石東北ライン停車駅


「仙石東北ライン」の停車駅は3つのパターンがあり、「仙台~高木町まで各駅停車で、そこから石巻まで快速になる列車」が上り7本・下り6本、「仙台~石巻間で快速の列車」が上り7本・下り6本、「仙台~石巻間を3駅しか停車しない特別快速」が1往復運転されます。

これに合わせて現在5往復運行しているあおば通り発着の快速が全て各駅停車へ変更となります。この変更で快速停車駅は所要時間増・快速通過駅では運行本数増のメリット・デメリットが発生します。

仙石東北ラインを合わせた「高城町~石巻」間の運行本数は33往復で、震災前と同じになります。

全線再開に合わせて運休区間を避けるために「仙台駅~東北本線~小牛田駅~石巻線~石巻駅」経由で1日2往復運行されている臨時快速が5月29日で運転を終了します。

内陸部への移設と仙石東北ラインの運転により「仙台~高城町~石巻」間の運賃が安くなります。詳しくは以前書いたちょっとお安く 仙石・石巻線運行再開で特例設置などをご覧下さい。

今回の発表はJR東日本仙台支社HP内お知らせに平成27年2月26日掲載の 【プレスリリース】“2015年5月ダイヤ改正について”を掲載しました。をご覧下さい。

※関連記事
JR東日本 仙石線全線再開と仙石東北ラインの運転を開始

スポンサーリンク


0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

東武鉄道20000系4両・ワンマン化へ

2017年6月23日に東武鉄道より発表された有価証券報告書により、20000系列がワンマン4両化されることがほぼ確定したので、解説・分析・予想していきたいと思います。 日比谷線より引退する20000系 日比谷線内を走る20050系 東武鉄道20000系列は199...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。