2015年2月19日木曜日

北越急行超快速「スノーラビット」妙高はねうまライン直通へ




2015年2月19日に「北越急行」と「えちごトキめき鉄道」は「ほくほく線」から「妙高はねうまライン」へ直通する「越後湯沢発~新井行き」の列車を1日あたり1往復運行すると発表しました。

乗り入れ列車概要

北越急行・えちごトキめき鉄道直通列車時刻概要
北越急行・えちごトキめき鉄道直通列車時刻概要


「越後湯沢~新井」間でダイヤ改正後の3月14日より一往復運転されます。

下りは「越後湯沢~直江津」間は超快速で運転、「直江津~新井」間は普通で運転されます。

上りは「新井~越後湯沢」間で普通として運転されます。

「乗り入れ列車が一日一往復しか設定されていないので、車両の運用を考えると北越急行の車両が良い」「えちごトキめき鉄道の車両が北越急行の車両と比べる非力である」「超快速ではHK100形が使用される予定」とあることを考えると、全ての列車で北越急行HK100形が使用されると思われます。

また、えちごトキめき鉄道はリゾート列車の運行と積極的な他社への乗り入れを検討しています。そして北越急行のほかにもJR東日本の列車が乗り入れを行うことも決定しています。なので、今後も乗り入れ列車の運行は増えていくと思われます。


そしてひとつ気になるのは下り列車が直江津駅で15分ほど停車するのも勿体ないと思います。来年のダイヤ改善することに期待します。

※関連記事
ほくほく線超快速「スノーラビット」来春デビュー
北越急行 「超快速列車」導入と愛称募集 それについて簡単に分析

0 件のコメント:

ブログ内を検索

スポンサーリンク

オススメの投稿

東武鉄道20000系4両・ワンマン化へ

2017年6月23日に東武鉄道より発表された有価証券報告書により、20000系列がワンマン4両化されることがほぼ確定したので、解説・分析・予想していきたいと思います。 日比谷線より引退する20000系 日比谷線内を走る20050系 東武鉄道20000系列は199...

オススメの動画

ttmjrmが撮影した映像の中で今オススメのものです。



・解説
4月21日のダイヤ改正より特急リバティが運行を開始しました。走行映像から分割シーンまで、様々な場面を撮影してきました。